アミノ酸系シャンプーの比較一覧表

アミノ酸系シャンプーのメリット

髪や頭皮に優しい

アミノ酸系シャンプーは髪に優しい

頭皮には皮膚を守るため、ある程度の脂質が必要です。
適度な脂質が外部からの汚れや雑菌から守ってくれているからです。

石油系界面活性剤や石鹸系の洗浄剤は洗う力が強く、髪の毛や頭皮に必要な油分、脂質、タンパク質などをも洗い流してしまいます。
髪の毛のキューティクルを傷めてしまいますし、髪の毛の内部のタンパク質も流れ出てしまうので、髪の毛は乾燥してパサパサしてしまいます。

アミノ酸はタンパク質の一種ですから、髪の毛に必要なタンパク質を残しています。
洗浄力も強くないので、頭皮に必要な皮脂は残す事が結果的に頭皮を守る事になります。

髪のハリやボリュームアップや、抜け毛、細毛、薄毛対策にも。
アミノ酸系シャンプーは頭皮を傷めないので、毛根へのダメージがないので、太くてしっかりした髪の毛が生えてくることが期待できます。
現在生えている髪の毛にも、髪に良い成分がしっかりと浸透することによってハリが出てくることも。

アミノ酸系シャンプーは各商品とも、独自に研究したヘアケア成分を配合していることが多いので、ヘアケア、頭皮ケアもできます

アミノ酸系シャンプーは高い!
石油から作られる「合成界面活性剤」や石鹸系の界面活性剤は安いのが最大のメリットです。
当然ながら、低価格な商品には安い原料を使わざるを得ません。

アミノ酸系の洗浄剤は原価が高くなっています。
さらに髪や頭皮に良い成分も配合されている商品が多く、高価になりがちです。

将来的に頭皮を守るために
石油系洗浄剤や石鹸系洗浄剤は頭皮環境を傷めることが考えられます。
一回のシャンプーでは少々のダメージかもしれませんが、将来に渡って頭皮を傷め続けた場合を考えるとちょっと怖い気がします

洗浄力が弱い
アミノ酸系界面活性剤は洗浄力が弱いと思われています。
実際、洗う力は弱いのですが、実は頭皮や髪の毛にとって、石油系や石鹸系では洗浄力が強過ぎるという事です。
本来、髪の毛にも頭皮にも、必要な成分で生成、分泌しているわけですから、全てを洗い流すのは良くないことだと考えられます。

実際の使用感では髪や頭皮の汚れが落ちていないように感じる事はありません。
整髪剤を使用していた場合でも、二度洗いすればほとんど問題ありませんでした。

ただし、アミノ酸系の特徴でもありますが、洗い流しても、油分が抜け切れていない感が残ります。
多くの商品で、潤いを残す成分が配合されているため、髪の毛や頭皮の油分が落ちきってないと感じることがあります。

泡立ちが悪い、キシキシする
アミノ酸系シャンプーは泡立ちがとても少ないというイメージがありました。
泡立ちが良いと気持ちよく洗えている気がしますが、必要以上に泡が多い必要はありません。

今回使用した全ての商品で、泡立ちは少な目とは思いますが、決して泡立ちが悪いというほどではありませんでした。

キシキシするというイメージもいまや昔の事では?
指通りの良いシリコンを配合する代わりに、天然オイル系の成分などを配合してキシキシ感をカバーしています。

アミノ酸系シャンプーまとめ

「キシキシする、泡が少ない」などのアミノ酸系シャンプーのデメリットは、いろいろな成分を組み合わせることによってカバーされています。
植物性の成分や天然系の成分は合成系の成分に比べて原価は高くなります。

 

しかしアミノ酸系シャンプーではたいていの商品が原価は高いが、髪の毛や頭皮のことを考えた成分を存分に使っています。
値段は高くなりますが、配合成分を考えると止むを得ないと思われます。

200ml〜300ml入りの商品で、1カ月〜2ヶ月使用できると考えれば高くないと思っています。
頭皮や髪の事を思えば、将来的に抜け毛や薄毛のリスクを避けるためには、ケチらない方が良いと考えます。


アミノ酸系シャンプー比較TOP INZEALインジール アミノ酸系シャンプーのメリットとデメリット